パスワード管理ソフトウエア
Password Depot
パスワード デポ

機能(利用シーン別)

Webサイトでの使用(ブラウザ)
パスワード保護されたファイル
リモートデスクトップ接続
クレジットカード情報
ソフトウェアライセンス
  • 認証を必要とするWebサイト
    ID(ユーザー名)、パスワード、URL情報をPassword Depotに登録できます。
  • ID、パスワードの自動入力
    オートフィル機能を使用により入力項目へマウスカーソルを移動してクリックするだけで、各項目の入力とログインを自動的におこなうことができます。
    オートフィルの動作はお客様自身で設定することができます。
    また、Google Chrome、Firefoxでインストール可能な拡張機能を利用することで自動入力することもできます。ブラウザ拡張機能では、Webサイトのサービスで複数アカウントを使用している場合の管理、自動入力にも対応できます。(自動入力時に使用する候補のダイアログを表示します。)Password Depotへ未登録のサイトは、Password Depotへ保存を促すダイアログの表示することもできます。
  • 複数ブラウザでの情報共有
    Google Chrome、Firefox、Microsoft Edgeなど異なるブラウザを使用してるとパスワード情報が書くブラウザに保存されているためブラウザ間で情報が共用できません。
    Password Depotは、専用インターフェースで情報を参照できるので、どのブラウザにも対応できます。Google Chrome、Firefoxにいては、拡張機能で自動入力にも対応できます。(その他のブラウザについては、オートフィル、手動入力、またはクリップボードからの貼り付けとなります)
  • 複数のPCやスマードフォン(iPhone、Android)でパスワード情報共用
    Password Depotは、パスワードなどが保存された暗号化済みデータベースをクラウドストレージ上に置くことができます。
    例えばパスワードデータベースをGoogle Driveに作成して運用することで、異なるPCやスマートフォンから同じ情報を利用できます。また、Password Depotは、Mac OS版も利用できるためWindows、Mac、iPhone、Androidで同じデータベースファイルを使用できます。
  • インターネットバンキング
    IDとパスワード以外にも取引パスワードなどが必要な場合もPassword Depotのカスタムフィールド機能を使用することにより、お客様自身が項目を追加することができます。
  • Webサイトでのパスワード条件への対応(強固なパスワードへの対応、作成)
    セキュリティ上の理由から文字数や文字列に条件を持つパスワードを必要とするサイトが増えています。Password Depotのパスワード生成機能では、これらの条件にあったパスワードを生成することができます。
  • IDやパスワードの有効期限管理
    Password Depotでは、保存するパスワード情報に有効期限情報を設定することができます。更に有効期限が近づくと警告を表示することもできます。

パスワード保護されたOfficeドキュメントや圧縮ファイルのパスワード管理

  • メールで送られてきたパスワード付きファイルを保存したがパスワードがわからなくなってしまった。
  • ファイルにパスワードを設定したが忘れてしまった。
  • ファイルに設定するパスワードを忘れてしまうので、すべて共通のパスワードを使用している。

このようなケースには、Password Depotのファイルパスワード管理が便利です。
Password Depotでは、ファイルの場所を登録することができ、Password Depotの画面からファイルを呼び出すことができます。パスワード情報は、安全にクリップボードへコピーできるので、貼り付けを行うだけでパスワード保護されたファイルを開くことができます。また、オートフィル機能で自動入力することもできます。
Password Depot内でのパスワード表示にも対応しているので、単にパスワード情報を参照するだけにも使用できます。
コメント欄に自由にメモを追加できますので、ファイルに関する情報を記述することもできます。

クラウドサービス上のWindowsへリモートデスクトップで接続する必要性が増加しています。
いくつものリモートデスクトップ接続情報を管理するのは大変です。かといって単純なパスワード情報の使用や共通パスワードの使用はセキュリティリスクを増大させます。
Password Depotは、リモートデスクトップ情報を保存するための、テンプレートを持っていますので、リモートデスクトップの接続情報をまとめて保存することができます。
また、保存した情報からワンクリックでリモートデスクトップを起動してログインすることができます。

Webサイトでの使用などで利用するクレジットカードの情報をPassword Depotに登録することができます。
登録するためのフィールドは、クレジットカード用に作成されています。有効期限情報も登録できるので、所有しているクレジットカードの管理にも役立ちます。

購入したソフトウェアライセンスは、メールで確認したり、購入先のサイトへログインして参照したりと手間がかかる場合があります。
Password Depotは、ソフトウェアライセンス管理用のフォームを持っています。
製品名、ライセンスキー情報、登録情報をはじめ、サイトへのログイン情報、有効期限なども登録できます。